私は学生の頃からホテルレストランのホールスタッフをやっています。接客が好きで、お客様と接して美味しいお料理を提供することにやりがいと楽しさを感じているのでこの仕事を続けています。
この仕事で特にやりがいを感じるときは多々あります。ディナー営業が基本のレストランなので、昼間はディナーに向けてテーブルのセッティングやグラスの準備、テーブルにはコース別にお料理提供に必要なものを並べておきます。お客様がお食事に来られるとドリンクオーダーから始まります。ここでワインや地ビールについて質問されることが多いので、今までつけて来た知識でお客様に説明できることに自信とやりがいを感じます。ドリンクオーダーの後は前菜などを順番に提供していくのですが、その間にお客様は色々な要望をされます。それに対してどれだけ満足してもらえるサービスができるか、どうすれば笑顔になってもらえるかを考えて行動します。自分で考えた行動をした結果、お客様に「ありがとう」と笑顔で言ってもらえることに最大のやりがいを感じます。
おもしろいと感じるときは、知らなかったことを知り、それについて学んでいるときです。例えば食材や飲み物、地域についてのことです。知っていれば知っているほどお客様と会話ができます。その会話が私にとっての、仕事での楽しみでもあります。
これだけやりがい、楽しみ、おもしろさを感じられる職業を学生のうちに見つけられて、そして今もなお続けられていてとても楽しい人生です。